雨の日でも大丈夫?リシリッチはちゃんと効果を発揮するのか?

雨の日って髪の毛の広がりやうねりが特に気になってしまう女子にとっては憂鬱な日ですよね。私も梅雨の季節や雨が続く日は憂鬱でした。

毎日、朝どんなにキレイに髪の毛をストレートアイロンで真っ直ぐにしても、数時間後にはいつものウネリやハネっ毛が目立ちだしてしまうのがとても嫌でした。

特に私は沖縄に住んでいるので年中風がとても強く、雨の日じゃなくても湿気や強風でヘアセットは無かったことになることが多かったです。

なので、どうしても髪を崩したくない!という勝負時の日には、かなり硬度のあるヘアスプレーを髪全体に振りかけていました。

しかし、その日以降の髪質は最悪。

傷みが進み、キシキシのゴワゴワ、ヘアカラーも抜けが激しくなり、髪をきれいに見せたいという思いと行動が空回りし、どんどん悪循環に陥っているようでした。

どうすることもできないのかな?と半ば諦めてた時、リシリッチに出会いました。

今回はリシリッチの雨の日の効果について、私の感想を交えてお話しします。

雨の日の髪でお悩みの方はぜひ読み進めてみてください。

 

リシリッチは雨の日でもきちんと効果があるか?

先に結論を言うとリシリッチは雨の日でも効果があります。

その理由を説明する前に、まずは雨の日に髪が崩れる原因についてお話しします。

そもそも雨の日に髪が膨らんだりクセが強く出たりする原因は、雨の日の湿度にあります。

髪の外側と内側のダメージの強い部分が水分を吸収しやすい性質にあるため、雨の日の高い湿度により髪が(特にダメージの進んだ箇所が)水分を含み膨張することでうねりやクセを作るということです。

湿気に強い髪を作るのには、普段から水分を十分に含んだ潤いのある髪の毛にする事がとても重要といえます!

つまり、普段からのヘアケアが肝というわけですね。

リシリッチヘアクリームは保湿効果で髪にうるおいをもたらしてくれます。

  • 利尻昆布エキス
  • オーガニック植物オイル
  • 浸透型ヒアロオリゴ(加水分解ヒアルロン酸)
  • 吸着型ヒアロベール(ヒアルロン酸、ヒドロキプロピル、トリモニウム)
  • 保護型ヒアロリペア(加水分解ヒアルロン酸、アルキルグリセリル)

といった髪に潤いを与える成分を配合。

乾燥やパサツキやごわつきを抑える潤いのある美髪に導いてくれるので、雨の日でもずっとサラサラのツヤツヤを維持することができます。

実際に私はリシリッチヘアクリームを使い始めてから、雨の日に必ず悩まされていた髪のうねりやハネつきを感じなくなりました。

正面から見てる部分だけなのかな?と思い、後ろ姿を写真にとってもらいましたが、後頭部の髪も全くうねっておらず、しっかり朝にセットしたままの状態でした。

 

雨の日でも効果的にするためのリシリッチの使い方

雨の日でもリシリッチヘアクリームのウルツヤ効果をしっかり実感するためには、何と言っても洗髪後の髪の乾かし方にあります。

タオルドライ後にリシリッチヘアクリームをつけるときには

  • 髪全体にしっかりリシリッチを馴染ませる
  • 特にダメージの気になる部分には2度づけする

など、しっかりとリシリッチヘアクリームを浸透させることです。

そして、温風でのドライヤーで髪を乾かしたあとには必ず冷風で潤いを閉じ込めること。

これが乾燥を防ぎ、髪の水分を髪にしっかり吸着させる秘訣です。

こういった効果的なリシリッチの使い方をして、ぜひ雨の日にも強い髪を手に入れてみてくださいね♪

リシリッチでサラサラの髪を手に入れたい方はこちら