雨の日でも大丈夫?リシリッチはちゃんと効果を発揮するのか?

雨の日って髪の毛の広がりやうねりが特に気になってしまう女子にとっては憂鬱な日ですよね。私も梅雨の季節や雨が続く日は憂鬱でした。

毎日、朝どんなにキレイに髪の毛をストレートアイロンで真っ直ぐにしても、数時間後にはいつものウネリやハネっ毛が目立ちだしてしまうのがとても嫌でした。

特に私は沖縄に住んでいるので年中風がとても強く、雨の日じゃなくても湿気や強風でヘアセットは無かったことになることが多かったです。

なので、どうしても髪を崩したくない!という勝負時の日には、かなり硬度のあるヘアスプレーを髪全体に振りかけていました。

しかし、その日以降の髪質は最悪。

傷みが進み、キシキシのゴワゴワ、ヘアカラーも抜けが激しくなり、髪をきれいに見せたいという思いと行動が空回りし、どんどん悪循環に陥っているようでした。

どうすることもできないのかな?と半ば諦めてた時、リシリッチに出会いました。

今回はリシリッチの雨の日の効果について、私の感想を交えてお話しします。

雨の日の髪でお悩みの方はぜひ読み進めてみてください。

 

リシリッチは雨の日でもきちんと効果があるか?

先に結論を言うとリシリッチは雨の日でも効果があります。

その理由を説明する前に、まずは雨の日に髪が崩れる原因についてお話しします。

そもそも雨の日に髪が膨らんだりクセが強く出たりする原因は、雨の日の湿度にあります。

髪の外側と内側のダメージの強い部分が水分を吸収しやすい性質にあるため、雨の日の高い湿度により髪が(特にダメージの進んだ箇所が)水分を含み膨張することでうねりやクセを作るということです。

湿気に強い髪を作るのには、普段から水分を十分に含んだ潤いのある髪の毛にする事がとても重要といえます!

つまり、普段からのヘアケアが肝というわけですね。

リシリッチヘアクリームは保湿効果で髪にうるおいをもたらしてくれます。

  • 利尻昆布エキス
  • オーガニック植物オイル
  • 浸透型ヒアロオリゴ(加水分解ヒアルロン酸)
  • 吸着型ヒアロベール(ヒアルロン酸、ヒドロキプロピル、トリモニウム)
  • 保護型ヒアロリペア(加水分解ヒアルロン酸、アルキルグリセリル)

といった髪に潤いを与える成分を配合。

乾燥やパサツキやごわつきを抑える潤いのある美髪に導いてくれるので、雨の日でもずっとサラサラのツヤツヤを維持することができます。

実際に私はリシリッチヘアクリームを使い始めてから、雨の日に必ず悩まされていた髪のうねりやハネつきを感じなくなりました。

正面から見てる部分だけなのかな?と思い、後ろ姿を写真にとってもらいましたが、後頭部の髪も全くうねっておらず、しっかり朝にセットしたままの状態でした。

 

雨の日でも効果的にするためのリシリッチの使い方

雨の日でもリシリッチヘアクリームのウルツヤ効果をしっかり実感するためには、何と言っても洗髪後の髪の乾かし方にあります。

タオルドライ後にリシリッチヘアクリームをつけるときには

  • 髪全体にしっかりリシリッチを馴染ませる
  • 特にダメージの気になる部分には2度づけする

など、しっかりとリシリッチヘアクリームを浸透させることです。

そして、温風でのドライヤーで髪を乾かしたあとには必ず冷風で潤いを閉じ込めること。

これが乾燥を防ぎ、髪の水分を髪にしっかり吸着させる秘訣です。

こういった効果的なリシリッチの使い方をして、ぜひ雨の日にも強い髪を手に入れてみてくださいね♪

リシリッチでサラサラの髪を手に入れたい方はこちら

 

今までの悩みはどこへ?リシリッチを使って1ヶ月でくせ毛が改善♪

リシリッチはくせ毛の解消にも効果があるのか?

  • ストレートアイロンをかけてもすぐに戻ってしまう…
  • 雨の日は特にくせ毛がひどい…

こういった悩みを抱えた人にとっては、リシリッチのくせ毛への効果は気になるところですよね。

今回はくせ毛が気になるモニターさんに実際にリシリッチを使ってもらった体験談を紹介します。

くせ毛で悩む方はぜひ読み進めてみてくださいね。

 

リシリッチ使用前はひどいくせ毛でした

リシリッチを使う前の私の髪は、毎月のヘアカラーと強い陽射しに当てられた傷みが目立ち、またいつも同じところがうねったりハネたりする、まぁまぁ強めなくせ毛でした。

これまでいろんな種類のヘアケア用品を使ってきましたが、どれもこれといった効果はなし…

そのため、私は毎月違うヘアケア用品を買い替えており、自分の髪に合うものはないのかもしれないな…と半ば諦めていました。

リシリッチを使う以前にも、別の洗い流さないヘアトリートメントでしっかりヘアケアを行っていました。

しかし、やはりうねりやクセなどの髪の悩みはなくならず…。

私の髪はこれが限界なんだと思っていました。

 

リシリッチを使い始めてくせ毛に明らかな効果が!

くせ毛は自分の髪質なんだと半ば諦めながらも、リシリッチヘアクリームを使い始めてみました。すると明らかな効果の違いが!

まず洗髪後のドライヤーをかけている時点で、指通りの感触が全然違いました。サラサラと流れるような指通りです。

ドライヤーをかけているのに、まったく乾燥を感じないしっとりと潤いを感じる感触。

ふんわりと軽く根本から髪が立ち上がり、ボリュームアップしたような印象をいだきました。

 

リシリッチを使って1ヶ月でくせ毛のない艶やかな髪に

初日からとても期待大な印象を受け、それから毎日ドライヤー後の髪に触れるのを楽しみにしながらリシリッチを使い続けました。

そして1ヶ月後…。私の髪はとてもサラサラになり、一方に流れるクセのない艷やかな髪になりました。

使い続けるにつれクセはどんどん落ち着いていき、ストレートヘアアイロンで矯正していた頃が懐かしいほど、手ぐしだけでストレートにできる髪になりました。

他にも嬉しかったことは、ストレートヘアをキープできるようになったことです。

それまでの私はヘアアイロンでストレートにしても、時間の経過や雨の日の湿気によって、髪のうねりやくせ毛が出てきていました。

しかし、リシリッチを使ってからは髪のうねりやくせ毛が出ることなく、ストレートヘアをキープできるようになりました。

この1ヶ月で変更したヘアケア用品はリシリッチヘアクリームだけなので、明らかにリシリッチヘアクリームのおかげでしょう。

毎朝のヘアセットがとても楽になり、すごく感動しています。

 

リシリッチでくせ毛を直すための効果的な使い方

基本的なヘアケアしかしていませんが、私がしているリシリッチを使ったヘアケアの仕方を紹介します。

 

 まずは洗髪

まず洗髪ですが、最初の水洗いの時点でしっかり髪の汚れを洗い流すように、何もつけない状態でお湯だけで地肌をゴシゴシ洗います。

これは美容師さんに教えてもらったテクニックです。これだけで髪の汚れが殆ど落ちているとか。

 

 次にシャンプー・コンディショナー・トリートメント

それからシャンプー、コンディショナー、トリートメントの順に行います。

 

 タオルドライをしてリシリッチを付ける

そして軽くタオルドライをしてから、リシリッチヘアクリームをワンプッシュし髪全体に馴染ませます。

ドライヤーの温風で髪全体を乾かし、最後に手ぐしをかけながら冷風で乾かして終わりです。

こんな一般的なケアですが、髪はサラサラストレート。なんとも触り心地の気持ちいい艷やかな髪になります。

ちなみに使っているアイテムはすべてドラッグストアで購入できる千円以下のプチプラ用品のみです。しかも全てバラバラの他社製品…^_^;

もちろん、と言ってしまっては失礼ですが、リシリッチヘアクリームを使うまではうねりもぱさつきもひどいボロボロな髪でした。

それが洗髪後の洗い流さないヘアトリートメントをリシリッチにしただけですごい効果…嬉しい変化です(^^♪

リシリッチでサラサラの髪を手に入れたい方はこちら